深田萌絵(youtuber)の早稲田大学の恩師は?経歴やプロフィールも紹介

深田萌絵さんという方をご存じでしょうか。

「みなさんこんにちは。ITビジネスアナリストの深田萌絵です。」

という、お決まりのセリフから始まる深田萌絵TVというyoutube番組を運営されている方です。

毎回、ライブ失敗のお約束もあり??(そんなに感じたことはありませんが…)

そんなおちゃめな深田さんを画面越しに見れるのがもいつも楽しみです。

さて、ここ一年で急成長された深田萌絵さんは、いったいどんな方なのか気になっているひとも多くいると思いますのでいろいろ調べてみました。

この記事では、

  • 深田萌絵(youtuber)の早稲田大学の恩師
  • 経歴やプロフィール

についてご紹介していきます。

深田萌絵(youtuber)の早稲田大学の恩師

深田萌絵さんが、youtuberとして活動するようになって一年ですが色々と話題に上がることが多くなっています。

大学の恩師ということになれば、当然ながら学部・学科の先生とか専攻の先生とかになるのがほとんどではないでしょうか。

専攻からその関係を探ってみましょう。

早稲田大学の専攻は?

深田萌絵さんの専攻は、政治経済学部-国際政治学科です。

では、政治経済学部にはどんな学科があるのかについても調べてみました。

  1. 政治学科
  2. 経済学科
  3. 国際政治経済学科

この3つになります。

この中で、深田萌絵さんが専攻したのは、国際政治経済学科

なぜ、この学部のこの学科をを選んだのでしょうか。

どんな学科なのか、どのような理念があるのか調べてみました。

際政治経済学科
国際政治経済学科は、社会の様々な事象や問題を国際的視座からとらえ、政治学と経済学の双方を活用して主体的に問題に立ち向かい、世界に解決策を示すことができる人材の育成を目指し、2004年に開設されました。

深田萌絵さんはこれまで約350本の動画を上げていますが、特に半導体についてだったり中共やアメリカについてのお話しが多いですね。

つまり、国際情勢に興味をお持ちだということがよくわかりますし、一方で会社経営もされておりますので政治経済についても幅広く見識をお持ちだということがこれまでの動画を見ても感じ取れます。

そんな深田萌絵さんですが、この大学にはジャーナリストを目指して入ったということを初めてしりました。

大学では、ジャーナリズムをやるにはどうしたら良いかということを、恩師の先生の授業を聴いて真剣に思ったそうです。

では、その先生が登場します。

早稲田大学の恩師はだれ?

深田萌絵さんが、恩師と崇めている先生は一体だれなんでしょうか。

それは、

田村秀夫先生です。

大竹まことではありません…(めっちゃ似ています)

どんな先生なのかざっくりご紹介します。

田村秀夫先生とは?

  • 日本の経済史学者、中央大学名誉教授。
  • 16〜17世紀の英国政治経済史が専門。

という肩書をお持ちの先生です。

深田萌絵と田村先生が同席している動画が見つかりましたので、お二人の関係も読み取っていただけたら幸いです。

「深田萌絵、学生時代の恩師に叱られるLive」

ということで、38分間ライブなんですが、恩師と同席の動画もそうそう見れるものではありません。

深田萌絵の経歴やプロフィール

深田萌絵さんは、若い頃から色んな経歴をお持ちのようです。

30代で会社を立ち上げている社長さんでもあります。

プロフィール

名前:深田萌絵 (本名 浅田麻衣子)

生年月日:1978年2月24日(43歳)

出身:大阪府(奈良県育ち)

学歴:小中高校と、情報を探せませんでした。

短期大学:深美術系の短期大学卒業。

大学:早稲田大学政治経済学部国際政治学科卒。

残念ながら、小・中校が在籍していた情報は見つかりませんでしたが、大阪府と奈良県のどちらで多くの時間を生活していたかと問われると、奈良県ではないかと推測します。

経歴

深田萌絵さんは、学生時代からアナリストに現在の肩書であるアナリストに繋がる行動を起こしていましたね。

  • 学生時代に、ファンドで財務分析のインターン、リサーチハウスの株式アナリストを務める。
  • 大学卒業後、東大阪市所在の印刷工場に就職し、経理補助として従事していたが、先輩社員の給与明細を見て「これじゃダメだ」離職
  • 2008年4月、バークレイズ・キャピタル証券に就職。投資銀行部門で事業法人のカバレッジ業務を担当。
  • 東日本大震災の後に、Revatron株式会社を創業。
  • 現在は、企業向けにITコンサルティングサービス、AI、ネットワーク関連の技術協力を提供している。『5G革命の真実』『米中AI戦争の真実』『量子コンピュータの衝撃』など、IT関連の著書多数。

以上、経歴をまとめてみました。

深田さんは、幼い頃から父親と共に相場に挑戦していたようなんです。

そして、学生時代はマネーライターとして執筆活動を行い株アイドルとして活動。

株アイドルって何ですか?
深田萌絵さんが、30歳当時に株アイドルをやっていた動画を見つけましたので、現在の動画と比較してみてください。

深田萌絵さんはとても若くきゃっきゃしていた時代でしたね。

また、ファンドで財務分析のインターン、リサーチハウスの株式アナリストを務めるなどもしていたということで、早くからチャレンジ精神も旺盛だったようですね。

以後、独立していくわけなんですが、この時点において父親と相場に挑戦していたということが後々の深田さんの将来に影響しているのかなという印象を持ちました。

大学卒業後は、証券会社で事業法人のカバレッジ業務を担当後退社し、法人向けファイナンシャル・アドバイザーとして独立。

その後、個人投資家、投資セミナー講師、経済評論家としてメディアに多数出演しています。

資格・検定

  • TOEIC890
  • HSK5級
  • 証券外務員一級
  • 内部監査員
  • 陸上特殊無線技士2級
  • 航空特殊無線技士
  • マイクロソルダリング講習受講(資格未取得)

と、これだけの資格に挑戦しほとんど取得しているということです。

ちょっと驚きですが、無線に関わった資格が二つもありますが、深田さんがなにを目指していたのかということにも繋がってくるのかも知れません

なかでもTOEIC890は、素晴らしい成績ですね。

普通に外国人と会話ができるレベルです。

まとめ

この記事では、

  • 深田萌絵(youtuber)の早稲田大学の専攻や恩師
  • 経歴やプロフィール

についてご紹介してしてきました。

そもそも、ご本人はとても美人ですし、声質についてコメントを寄せているのを見かけます。

加えて、ご職業がアナリストなのでyoutubeでは普段聞けないお話しが長時間に渡って聴くことができますので、いまではとても勉強になっています。

深田さんは、知識や経験もありハッキリとものを言われる方なので、見ていてわくわくするような動画をどんどん上げて行って欲しいですね。

最後までお付き合いありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを始めて3年になりますが、コロナ渦で仕事のスタイルがリモート化するなど急速に変化してきました。現在は副業でやっていますが、将来は本業として稼げるスキルを身に付けたいと思っています。情報発信にも興味がありますので、新しいことをどんどん取り入れて活動していきたいと思っています。